日中関係シンポジウム 「相互理解の架け橋~新旧メディアを考える」

掲載:2020年1月23日(木)

 

既存メディア~テレビ・新聞・ラジオなどと、新しいメディア~SNS・ネットなどの特性を考察し、どのように付き合うべきなのかを各視点から考えます。併せて中国メディア事情も紹介します。

主催 工学院大学孔子学院  共催  NPO法人 東京都日中友好協会

開催時間:2020 223() 14:0017:00

開催場所:工学院大学 アーバンテックホール / 新宿キャンパス3F

参加費:無料 定員:100名 要・申込

お申し込みは☞こちら

第1部  問題提起と現状

[基調講演]

 駐在員はどうやって現地を知るか

  本田 和秀/大手印刷会社 元米中駐在員

 中国の音声プラットホーム「ヒマラヤFM」を知っていますか

  安 陽/ヒマラヤFM CEO

第2部  パネルディスカッション

   パネリスト   

 古谷 浩一 朝日新聞論説委員  

 永野 剛       東京都日中友好協会青年委員会

 周 莉   中央ラジオテレビ総局(CMG) 国際放送局東京特派員

 陽   ヒマラヤFM CEO 

 斉 氷   越境EC会社

懇親会ご案内  工学院大学中層棟8F ファカルティクラブ

お申し込みは☞こちら

ページの先頭へ